ホームページランキング参加中

15代目 與田治郎右衛門(襲名前:與田純次)について

戦争体験語り部、実業家、元大使館職員。大正14年(1925年)、兵庫県城崎郡竹野村(現:兵庫県豊岡市竹野町)に生まれる。先祖は江戸時代初期から寛文12年(1672年)頃、寛保2年(1742年)頃から寛政8年(1796年)まで庄屋(江戸時代の村役人である地方三役の一つで村の首長)を務めており、北前船(江戸時代に日本海海運で活躍した北国廻船)の船主でもあった。寛文年間からは「元庄屋」という屋号で様々な商売を営んできた。
大日本帝国上海大使館事務所勤務の後、1945年、大日本帝国陸軍満洲独立工兵隊1893部隊に幹部候補生として現役入隊(甲種合格)。終戦直前、満州にソ連軍が侵攻し戦闘になり、所属部隊は、ソ連軍の戦車攻撃に対し、命をかけた肉薄攻撃作戦(黄色爆薬を抱えて蛸壺と言われる縦穴式の一人だけが入れる塹壕に潜り、ソ連軍戦車の下に飛び込む特攻)に出る。自身の蛸壺の方へ戦車は向かって来なかったが、近くの戦友たちが蛸壺から飛び出し自爆する光景、またその爆撃を受けながらも土煙の中から何事も無かったかのように出てきた戦車の様子は、今なお脳裏に鮮明に焼きついている。終戦後、朝鮮半島を南下敗走。20日間に及ぶサバイバル生活を、カタツムリを食べて生き延びる。途中、部隊は、ソ連軍に囲まれ銃弾を浴び、隊員の半数が銃弾に倒れる。その後、ソ連に日本軍捕虜として連行され、約3年間の強制労働を強いられる(シベリア抑留)。
零下40度の極寒の中、森林伐採、燃料(薪)調達、凍りついた川から水を汲む、船の先導、死者の埋葬、馬鈴薯畑の開墾、牧草(馬の餌)調達、麦の収穫、病院の炊事、等の労働をした。抑留1年目に凍傷で右手中指の第一関節の先端を切断。その後、擬似赤痢に感染したため、栄養失調になり、一時意識を失う。監視の厳しい抑留生活の中、シラカバの木の皮でトランプを自作し、戦友たちと無事に帰国できるかを占った。このトランプは帰国時にソ連の検閲に引っかからなかったため、日本へ持ち帰ることができ、現存している。
1947年に解放され帰国。翌年、父・與田治郎右衛門(先代)と共に保険代理業を開業。その後、天然凍豆腐製造業、乾麺製造業、豆腐油揚製造業を開業し、1949年に凍豆腐製造業九鹿冷凍工場を設立開業。しかし工場は数年で倒産し、多額の借金を抱えてしまう。借金取りに追われる身となったが、「私は逃げも隠れもしません、このシベリア帰りの丈夫な体を預けますから使ってください」と、自ら債権者の方へ近づき、与えられたあらゆる仕事をこなした結果、借金を放棄してもらった。その後、再起を図るため、1955年4月に、豆腐油揚製造用機器及び各種燃焼機器卸小売及び工事施工業者、元庄屋商店(現:株式会社元庄屋)を開業し、社長に就任。これまでに、但馬地方で、約3万台の家庭用・工業用灯油ボイラーの販売・設置を行ってきた。
1991年2月、内閣総理大臣・海部俊樹より、シベリア抑留に対する慰藉の念として銀杯が授与される。
2017年4月、先代(父)まで十数代に渡り襲名されていた「治郎右衛門」を襲名。與田純次改め與田治郎右衛門となる(神戸家庭裁判所豊岡支部審判)。
近年、自らの戦争体験を、インターネットを通じて若い世代に伝える活動を行っている。過去にはシベリア抑留に関しての執筆をしており、また各種メディアから戦争体験に関する取材を受けている。
93歳になった2018年現在も、「生涯現役」をモットーに毎日働いている。健康の秘訣は就寝前・起床後に各30分かけて行う腹筋・背筋のストレッチ。

【歴代 "與田治郎右衛門"】

與田治郎右衛門は十数代に渡り襲名されてきた

【先代】

明治時代生まれ。
(襲名前:與田泱)
米屋、燃料屋、古物商、雑貨商、保険代理業、飲食業、旅館業等、様々な商売をした。
生涯現役をモットーに、70代になっても現役で仕事を続け、毎日のように自転車と列車で但馬地方全土を走り回り、東京へも頻繁に出張していた。
バイタリティー溢れる人物であった。

【先先代】

嘉永時代生まれ。
(襲名前:與田多三郎)
一日の仕事が終わり、床に就く前に晩酌をすると、労働意欲が再燃し、再び仕事を始める。
働くことが大好きな、勤勉な人物であった。
写真が残っている最古の與田治郎右衛門。
丁髷が確認できる。

【三代前】

北前船「禧丸(サイハイマル)」船主。
(資料『文化〜明治年間、竹野北前千石船 ー船主/船頭と主な乘員ー』)
『浜田・外ノ浦港客船帳(慶応4年以降、浜田市外ノ浦に入港した竹野の船での売買商品を記録した資料)』によると、明治19年(1886年)11月21日に、昆布を売り、焼き物を買ったという記録が残っている。

【初代〜数代前】

庄屋は苗字帯刀が許されていたため、與田姓は数百年前から存在していた。
寛文年間頃からは「元庄屋」という屋号を名乗り始める(元禄年間にたてられた石碑に元庄屋という文字が刻まれている:写真右)。家紋は「丸に蔦」。
昭和期までは、江戸時代からある蔵の中に、出石城城主にお米を渡していたという借用書や、刀(脇差)等、庄屋ゆかりの品が残っていた。
物を売り買いするために竹野村へ来ていた播州商人が、元庄屋與田家のルーツだと言い伝えられている。

【15代目 與田治郎右衛門 略歴】

1925年11月 兵庫県城崎郡竹野村(現:兵庫県豊岡市)で、商売人の父・與田治郎右衛門(先代)と母・よしのもとに生まれる。生家は江戸時代まで竹野村の庄屋であった。
1938年3月 兵庫県立城崎郡竹野村立竹野尋常高等小学校 卒業
1942年12月 兵庫県立豊岡商業学校 卒業 (戦時体制により繰り上げ卒業)
1943年2月 大日本帝国上海大使館事務所 勤務
1945年2月 大日本帝国陸軍満洲独立工兵隊1893部隊 現役入隊
1945年8月 ソ連に日本軍捕虜としてシベリアに連行される。
1947年4月 シベリア抑留より帰還。
1948年4月 兵庫県城崎郡竹野村にて保険代理業 開業
1948年4月 兵庫県多可郡野間谷村にて天然凍豆腐製造業 開業
1949年6月 兵庫県養父郡八鹿町にて乾麺製造業 開業
1949年12月 兵庫県養父郡八鹿町にて凍豆腐製造業九鹿冷凍工場 設立開業
1951年10月 兵庫県城崎郡竹野村にて豆腐油揚製造業 開業
1952年7月 兵庫県城崎郡竹野村にて飲食業(喫茶店/浜茶屋他) 開業
1955年4月 兵庫県豊岡市寿通にて元庄屋商店豊岡営業所を開業し、豆腐油揚製造用機器及び各種燃焼機器卸小売及び工事施工 開業
1955年4月 竹野町商工会副会長 就任
1955年4月 竹野村観光協会企画宣伝部長 就任
1955年7月 兵庫県城崎郡竹野村にてバンガロー(コテージ) 開業
1960年4月 北但信用組合理事 就任
1975年3月 兵庫県豊岡市中陰にて兵庫コロナ販売(住宅設備機器卸売) 開業
1988年11月 兵庫県豊岡市幸町にて中島水道工業所 設立開業
1991年2月 海部俊樹(第76/77代)内閣総理大臣より、シベリア抑留に対する慰藉の念として賞状と銀杯が授与される。
1995年1月 兵庫県豊岡市幸町にて株式会社ライフィット(宅地建物取引業) 設立開業
1998年7月 全国強制抑留者協会主催のシベリア慰霊訪問団に参加。自身が収容されていたラーゲリ跡地にて弔辞を述べる。
2007年5月 兵庫県豊岡市幸町にて但馬地方初の賃貸建物管理会社、株式会社B-side(株式会社元庄屋管理アフター部より独立) 設立開業
2010年4月 兵庫県豊岡市幸町にて株式会社AXIS(不動産有効活用/企画) 設立開業
2010年10月 兵庫県豊岡市元町にある但馬地方の近代化遺産に指定されている昭和初期築の洋風建築(現:AXIS元町)にて、豊岡画廊(アートギャラリー/貸し画廊) 開業
2017年4月 父の代まで十数代に渡り襲名されてきた「與田治郎右衛門」を襲名。

powered by crayon(クレヨン)